キャッシングの際のQ&A|主婦でも即日キャッシング出来るのはココ!

キャッシングのいろいろなQ & Aをまとめした。

キャッシングの不安をここで解決しましょう。

 

キャッシングを延滞しているのですが・・・。

キャッシングは延滞するものではありません。それがたった一日の延滞であったとしてもです。引き落としなら100%の引き落としが当たり前の事であり、たった一回だけなら大丈夫と言う意識は決して正しくありません。一回だから大丈夫という意識が延滞する引き金になっているところはないでしょうか。

 

それでも延滞はあること?

 

しかし、最終的には延滞とは誰にでもおこることです。突然、誰かが怪我をして、治療費を優先してしまうかもしれません。
その時は、キャッシング会社に電話をして、現在支払い困難であることを伝えましょう。そして、いついつまでなら支払い出来ることを正確に伝えます。
実際にいつ支払い出来るか目処のつかない人たちもいます。その時は、努力をして、いついつまで再度電話をしますという言い方をします。または、キャッシング会社がそのような指示をして来ます。
支払いが出来ないなら、電話をしても仕方がないと言う人もいます。支払いが出来ないなら、尚更、キャッシング会社は連絡がつかなくなってしまうことを警戒しています。

 

 

 

支払い出来ない時に、何かいい方法があるのでしょうか。

キャッシング会社によりますが、請求金額の支払いが難しい場合、利息だけでもOKという支払い方法もありすます。2ヶ月、3ヶ月延滞した場合、到底合算して請求金額の支払いは難しい事でしょう。まずはキャッシング会社に積極的に相談するようにしてください。

 

 

和解とはなんなのでしょうか。

キャッシング会社には和解という方法もあります。弁護士にお願いして債務整理を行う場合もあります。しかし、弁護士にお願いしないでも、方法はまだあります。それが和解という方法であり、キャッシング会社全部が全部そうではありませんが、独自で残高を減額して、利息を止めて、毎月支払いやすい金額で契約し直しする方法があります。
キャッシング会社がなぜ、そのようなことをするのかと言えば、このまま放置すれば、あなたが破産宣告する可能性もあるからです。破産をすれば、キャッシング会社は元金すら回収することは出来ません。それ以前にキャッシング会社は元金だけでも回収したい思いで、積極的に利息をカットして和解を受け入れます。

 

ただし、その和解にも注意

 

ただし、注意をしなければならない問題は、数カ所借金がある場合に、一カ所だけを和解にしても、あなたの家計が楽になったとは言えるでしょうか。やはりここには総括する姿勢も大事になります。
まとめの意識は大事なことです。

 

 

キャッシング会社は、昔サラ金と言われていた時代とは何か変わったのでしょうか。

サラリーマン金融と言われていた時代がありました。
確かに消費者金融にはサラ金と言われていた時代もありました。それは、今と違い誰にでも、貸し出しをしていた時代です。
なぜ、誰にでも貸し出しが出来るのかと言えば、高利息で貸し出しをするからです。高利息で貸し出しをして、回収リスクを回避します。

 

審査がゆるいから督促行為が厳しい

 

それだけなく、厳しい督促行為によって、貸し出ししたものは回収する自信とノウハウがありました。
それが一時期社会問題ともなりました。子供さんの学校にまで電話が入ったことまである程です。
しかし、現状、消費者金融は昔の消費者金融ではありません。しっかりコンプライアンスのもと回収が行われています。

 

 

もう少し、詳しい現在の回収行為を聞きたいのですが。

訪問回収をやめた会社もあります。
サラ金と言えば取り立てというイメージもあるかもしれませんが、現在、キャッシング会社では、訪問回収も中止したところもあります。そのような会社では対面で集金をすることはありません。個人情報を外に持ち出さない為にも、万全対策として中止した背景があります。
消費者金融は、当然電話での督促行為をしている訳ですが、その場合でも、債務者と言い合いになることはまずありません。昔から、言われたから言い返すと言うこともありましたが、現在ではモニタリングされているので、社員の感情が高ぶってもそれが出来なくなってしまったのです。

 

社員の会話はモニタリングされている

 

社員は話したい独自の言葉で督促行為をしている訳ではありません。言ってもいい言葉が全部マニュアルで決められています。
相手が今、話し出来ないと言えば、電話を一度切らなければならない社内規則があります。それは、3ヶ月の間連絡がつかなくてはじめて話しをした債務者に対してもです。今では代払い行為も、社員の厳罰対象です。

 

最近キャッシング会社は、利息も低くなりソフトに変わったのでしょうか。

キャッシング会社は昔のキャッシング会社ではありません。
キャッシング会社は、銀行と手を結び、銀行系カードローンとも言われるようになりました。銀行と距離が近付いた為、銀行の品位を傷つけない行為が問われている部分もあります。
今までグレーゾーンの範囲内でお金を貸し出ししていた訳ですが、法律によってグレーゾーン撤廃となり、利息制限法の上限金利にまで引き下げられることになりました。キャッシング会社はその為に一度弱体化して、銀行に依存しなければならない背景もあります。