借りれる相場と総量規制|主婦でも即日キャッシング出来るのはココ!

一般的に借りれる相場と総量規制について

貸金業法改正の問題で、専業主婦は借り入れが簡単に出来ない状態になってしまいました。今さらお話しするかもしれませんが、総量規制の意味を正しく捉える必要があります。

 

総量規制とは何か

 

総量規制とは、原則として、年収等の3分の1までに制限される仕組のことを言います。専業主婦は無職です。その場合、総量規制の例外として配偶者と合算して、二人分の借入れが二人分の年収の3 分の1まで借入れを行うことができます。
ただし、収入証明書が必要であったり、夫の同意書が必要であったりと、手間もかかり、実際に専業主婦に対して貸金業法をしているキャッシング会社は少ないのが現実です。

 

専業主婦は基本借り入れ出来ない

専業主婦は基本、お金を借り入れ出来ないと言うことです。配偶者と合算して、二人分の借入れが二人分の年収の3 分の1まで借入れを行うことができます。そのような配偶者貸付としての例外はあるものの、キャッシング会社は延滞した場合に夫が保証人でもありませんから、回収困難に陥る現状に変わりはありません。キャッシング会社は専業主婦に積極的になる事が出来ません。

 

安定収入があれば大丈夫

しかし、専業主婦が仕事をしている場合、現状は変わってきます。現在であれば、仕事をしている主婦もかなり多くいるのではないでしょうか。そのような主婦は、基本例外であり、低額であるもののお金を貸し出しします。
方法はそれだけなのでしょうか。

 

銀行カードローンは、総量規制対象外

 

もう一つの方法が専業主婦が、銀行カードローンを頼ると言う方法です。銀行カードローンは、貸金業法にしたがった運営ではない為に、総量規制対象外と言うことになります。ならば、大手をふって専業主婦は銀行カードローンに向かって行けばいい訳ですが、銀行カードローンの多くは正直に言えば、夫の本人確認、在籍確認の電話が夫の勤務先へかかったりします。内緒で借り入れすることは不可能です。

 

専業主婦専用貸付枠のある銀行カードローン

 

銀行カードローンの中でも特に狙いをつけていかなければならない場所は、あらかじめ決まってしまうようです。専業主婦専用貸付枠のあるカードローンと言うことになります。
みずほMy Wing「わたし応援ローン」、イオン銀行カードローンBIG、セブン銀行カードローン、と言ったところがそのような場所になります。
ここなら、専業主婦でも借り入れが出来ると言うことになりますが、収入のない専業主婦は、所詮高額の借り入れは不可能です。