総量規制対象外のキャッシングとは|主婦でも即日キャッシング出来るのはココ!

総量規制対象外のキャッシングとは

総量規制とは、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。昔から総量規制の法律があった訳ではありません。2010年にスタートしていわばまだそれははじまったばかりの法律で、この総量規制の問題に惑わされている人たちも多いことでしょう。

 

キャッシング会社も貸し出ししたい

 

実際に、総量規制の指示している規定が正しいかどうかは判りません。国は、結構広いノリシロを作り、これ以上貸し出ししては駄目と言っているのかもしれません。
現状今まで、キャッシング会社はもっと広い幅を対象にお金を貸し出ししていました。かつ、しっかり返済出来る人たちが多くいました。
総量規制の問題で被害を受けたのは、借り入れしたいと思って出来なくなってしまった債務者だけではなくて、キャッシング会社もそうなのです。

 

債務者も借り入れ出来ない

 

債務者も、三分の一以上の借り入れをしても実際に返済出来る人たちがいます。収入証明は過去のものであり、今から副業をして返済にあてることも出来るはずです。しかし、その行為は不確定行為として見られてしまうようです。

 

銀行カードローンは総量規制対象外

 

銀行カードローンという言葉があります。もしも、総量規制の問題で借り入れ出来ないのであれば、銀行カードローンにお願いすればいい訳です。銀行カードローンは、総量規制対象外です。
貸金業法は関係なく、銀行法で運営している為に、総量規制の法律に従う必要はありません。銀行カードローンなら、三分の一という枠に囚われず借り入れすることは可能です。

 

銀行カードローンは甘い?

 

ここに銀行カードローンの不思議があります。ここまでの話しなら、総量規制の問題で借り入れ出来ない債務者の駆け込み寺のような雰囲気が銀行カードローンに出来上がっています。
実際にはそうではありません。銀行カードローンは、消費者金融よりも審査が厳しい場所のはずであり、それは事実です。
銀行カードローンは、総量規制対象外で貸し出しをするものの、銀行独自の審査基準に従って、厳しい目で債務者を審査します。

 

銀行カードローンなら大丈夫?

 

銀行カードローンは総量規制対象外だから大丈夫ということで大手をふって向かうも断られてしまった人たちも結構多い事でしょう。審査では転職が多い、引っ越し回数が多いと言うことだけで、回収不能になる可能性が高いと判断します。無論、延滞を繰り返す人たちに貸し出しをする事はありません。銀行カードローンはリスクをしっかり見据えて、慎重に貸し出しをしています。