主婦にキャッシングを薦める理由|主婦でも即日キャッシング出来るのはココ!

主婦にキャッシングを薦める理由

専業主婦は一体キャッシングに対してどのようなイメージを持っているでしょうか。

 

夫婦は一心同体?

 

もしも、夫婦一心同体の意識があれば、専業主婦がキャッシング出来ないのなら、夫の名義でお金を借り入れして使用すればいいまでの話しです。夫のお金は妻のお金であり、妻のお金は夫のお金です。これが一心同体の原理です。
そもそも、貸金業法改正で浮上した総量規制の概念は、夫婦一心同体の概念です。専業主婦に対して、夫の目の届かない場所でキャッシングをするなかれと言っています。

 

妻に秘密はないのか

実際にここで夫婦とは何かについて捉える必要があります。夫婦とは、総量規制の概念の示す通り、一心同体で成り立つものでしょうか。多くの人たちがおそらくこう言うでしょう。 
答えはNOです。夫婦と言えども、秘密を持ち、プライベートを持ちます。

 

夫婦は一心同体になりたいと苦しんでいる?

一心同体と思いこみがあれば、最終的に夫婦は苦しむことになるかもしれません。理解されたいと思っても理解されないこともあり、夫が癌で死ぬことがあっても最終的に妻はその痛みすら共有しあうことは出来ません。

 

夫婦は別々の存在

 

ここで、夫婦は、別々の存在であることをもっとアピールした生活の方がお互いスペースを広め生き生き生活が出来るかも、夫婦はお互いに秘密を持ち合う存在であるという了解です。
秘密を持っても繋がりあう強い絆です。更に秘密を他の世界に持つ事によって、お互いの世界を広げることが出来ます。

 

キャッシングのすすめ

 

だから、専業主婦に内緒でキャッシングをするというすすめをします。キャッシングで、夫婦の縛られ感が解放されるかもしれません。
専業主婦は、キャッシングによって自分にとって有意義な使い方が出来るようになります。それは、夫の顔色を窺わないで済む自分思考の使い方です。
思えば、お金も随分と夫が稼いでくれたものとして、夫に対して気を使った使い方をして来たのではないでしょうか。

 

キャッシングはお金の意味が違う

 

自分で稼ぐお金が一番有意義かもしれません。しかし、それでもキャッシングでもかなり有意義な時間を過ごすことが出来るようになります。日々マンネリ化した生活からも、キャッシングする事によって脱却出来るかもしれません。
違う視点で自分たちの生活を見つめる事が、例え一万円のキャッシングでもする事が出来るようになります。これは、奇跡と言うべきなのではないでしょうか。キャッシングは潤滑油であり、専業主婦が欲求不満で突然浮気に走らない為の対策でもあります。